未来ビジネスインテリジェンス

未来ビジネス
インテリジェンス

本サービスの位置づけ

主 な 対 象

VUCAの時代にあっても、未来を見据えて持続的な成長を目指す企業。

課題・悩み

  • 現在の経営戦略の延長では予測不能な未来へ向けて持続可能な経営が困難である。
  • 経営戦略の決定が定性的で主観的になりがちで、VUCAに対応できるか不安がある。
  • 描いた未来の経営計画に対し、現在の経営の進捗で対応できるか見通せない。

本サービスによる解決策

  • 未来洞察手法である「シナリオプランニング」や「スキャニング」を用いて未来に備えた経営戦略の選択肢を生み出します。
  • 定性的な観点だけでなく、「リアルオプション」などの手法により、経営戦略の選択肢を定量的に評価します。
  • 未来への道のりを示した「ヒストリーマップ」などを作成し、未来シナリオが現在の位置づけが、未来シナリオがどのように進み、変化していくかを明らかにします。

本サービスの導入効果

  • 未来のありたい姿から現状取るべき経営戦略へ落とし込むことを繰り返し、先の見通せない未来に対し継続的な経営を行うことができるようになります。
  • VUCAに適応する経営戦略を複数策定し定量化することで、客観的な判断のもと戦略を決定することができます。
  • 将来予測と変化の予兆を数値で見える化し、未来への展望を明らかにします。

サービス概要

「スキャニング」により大きな潮流へとつながる変化の予兆を捉え、シナリオプランニングにより複数の未来シナリオを描きます。

複数の未来シナリオのうち、どのシナリオに向かっているかのサインを常にウォッチするとともに、それぞれのシナリオが実現した場合に取るべき戦略をオプションとして定量的に評価します。

この仮説検証ループを素早く繰り返すことで、VUCAの時代であっても変化に柔軟に対応できるようになります。